2010年04月30日

小沢氏「起訴相当」を議決=再議決なら強制起訴−陸山会規正法違反事件・検察審査会(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反罪で告発され、不起訴処分となった小沢氏について、東京第5検察審査会は27日までに、起訴すべきだとする「起訴相当」を議決した。今後、東京地検特捜部が再捜査し、改めて処分を決める。
 再び不起訴とされても、2回目の審査で、11人の審査員中8人以上が起訴すべきだと判断すれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認(産経新聞)
関空と伊丹統合 持ち株会社で 運営権を売却 国交省方針(産経新聞)
「両さん像」大人気!写真撮るため終日行列(スポーツ報知)
秋田産リンゴ、青森産と表示 青森の業者販売(河北新報)
日本版GPS 衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ(毎日新聞)
posted by コガ ヒロハル at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。