2010年05月28日

鳩山内閣評価11% 東北・市町村長、本社アンケート(河北新報)

 河北新報社は、鳩山内閣への評価や政権交代後初の本格的な国政選挙となる参院選の争点などを探るため、東北の市町村長を対象にアンケートを実施し、20日結果をまとめた。回答者のうち、鳩山内閣を「評価する」は11.7%にとどまり、「評価しない」が47.5%に達した。有権者の内閣支持率が急落しているのと同様に、東北の首長も鳩山政権に厳しい視線を向けていることが浮き彫りになった。

 鳩山内閣への評価では、回答した首長の約半数が鳩山由紀夫首相の政権運営を不安視し、理由に指導力不足やマニフェスト(政権公約)と政策の不一致を挙げた。評価した首長は公約の地方主権などに共感を示した。
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相が掲げた「5月末決着」ができなかった場合の対応では、「退陣すべきだ」が最多の48.1%を占めた。「どちらでもない・分からない・無回答」が35.2%で続き、「退陣すべきではない」との擁護論は16.7%どまりだった。
 東京都杉並区の山田宏区長らが4月半ば、首長新党「日本創新党」を結成した動きについても尋ねた。知事や市町村長ら地方自治体のトップが国政に参加する動きを「評価する」は27.8%。「評価しない」は23.5%。意見は大きく二つに分かれた。
 財政健全化に向け、税制改革議論の中心となる消費税に関しては、税率を「引き上げるべきだ」が66.7%と3分の2を超え、「引き上げるべきではない」の14.8%を大きく引き離した。財政危機に直面する首長が、財源確保に期待する姿勢が鮮明に出た格好だ。
 東北地方の景気動向をどうとらえているかも質問した。地域経済に「明るさが見えてきた」との回答は、わずか3.7%。81.5%が「明るさは見えてこない」と答え、「国の景気概況は持ち直しているとされるが、地方経済は依然厳しい」との声が大多数を占めた。

 調査の方法 東北の228市町村長を対象に、4月末に調査票を郵送し、5月16日までに回収した。228人のうち162人から回答があった。回収率は71.1%。


JR西日本 試運転の新型車両から部品落下(毎日新聞)
仕分け劇場に暗雲 民主・尾立議員、会社経営に“介入”?(産経新聞)
<マルチ商法>「仮想空間」IT会社を家宅捜索へ 埼玉県警(毎日新聞)
<金星探査機>あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像(毎日新聞)
<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
posted by コガ ヒロハル at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

九電工中傷ビラで組員逮捕、九州誠道会捜索(読売新聞)

 九州電力グループの九電工(福岡市南区)を中傷するビラを張ったとして、福岡県警南署が、自称指定暴力団・九州誠道会系組員の50歳代の男を偽計業務妨害容疑で逮捕していたことが分かった。

 捜査関係者によると、男は5月上旬、九電工や同社社員を中傷する内容のA3判のビラを本社に張るなどした疑い。

 男は、福岡市中央区の九州電力本社ビルに同様の内容のビラを張っていたとして、取り押さえられていた。ビラは関係先数か所に張られており、九電工が警察に相談していた。

 同署は組織的な犯行の疑いがあるとみて、25日午後、同県大牟田市の九州誠道会本部事務所などを捜索した。

 九電工広報グループは「ゴールデンウイーク明けに本社敷地内に中傷ビラが大量にまかれていた。言われなきことなので被害届を出した」としている。

自然保護 動物の着ぐるみ姿でパレード 大阪(毎日新聞)
自民・河野氏「青木さんはわざと倒れた」(読売新聞)
ライター 販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
神戸まつり最終日 せんとくんも登場、市民ら熱気(産経新聞)
「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談(読売新聞)
posted by コガ ヒロハル at 10:04| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

石原知事、漫画規制条例の条文修正を指示(産経新聞)

 子供を対象にした過激な性行為を描く漫画などを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案について、石原慎太郎知事は7日、定例記者会見で条文の文言が不明瞭(めいりょう)などとして、修正する方針を示した。

 改正案では、服装や背景などから18歳未満と想定できる子供のキャラクターを「非実在青少年」との造語で規定。その性行為を主体とした漫画やアニメ、ゲームなどについて子供への販売、閲覧を規制する。3月議会に提出されたが、著名漫画家や出版業界のほか、日本ペンクラブ、出版倫理協議会などから、「恣意(しい)的な運用の可能性があり、表現の自由が脅かされる」などと猛反発を招き、6月議会へ継続審議となっていた。

 石原知事は改正案を「子供の目につくところに置くなということだけの規制」とする一方、「(条文は)説明不足だ。『非実在青少年』という言葉があるが、何だこれは一体。幽霊の話かと思っちゃう。役人が作るくだらない言葉は世間に通用しない。誤解を受ける文言が悪い。どんどん変えたらいい」と述べ、明瞭な条文に修正するとした。

 都は反対を表明した業界団体や漫画家の竹宮恵子さんらに対して改正案の趣旨を説明したことなどから、6日の都議会総務委員会では条例案の変更はないとしていた。

【関連記事】
石原知事「民主党議員は腰抜けばっかりだわ」
石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」
石原都知事の「帰化」発言で民団が抗議
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待
石原知事、首相の弱い性格を指摘「あの人、訳の分からない敬語使う」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
<国連報告書>脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割(毎日新聞)
メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
「重大な思い、変わらぬ」=社民党首(時事通信)
<もんじゅ>福井県知事と首相が会談 地域振興など協議(毎日新聞)
posted by コガ ヒロハル at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。